全国共通百貨店商品券やjcbの商品券をはじめとした解説

手元にあると嬉しい金券の1つが商品券ですよね。
商品券は現金ではないものの、さまざまな支払いで利用できるのが魅力です。
一言に商品券といってもさまざまで、全国共通百貨店商品券やjcbの商品券などがあります。

そこで商品券の使えるお店や商品券の使い道など、商品券をどうすれば有効活用できるのかを紹介します。
商品券を持っている方は、参考にしてみて下さい。

約500店で利用できる全国共通百貨店商品券

全国各地の百貨店で使えてとてもお得なのが、全国共通百貨店商品券です。
北は北海道から南は沖縄まで利用できますから、全国のさまざまな地域をカバーしているのは間違いありません。

百貨店は品揃えが豊富で、実にいろいろな商品が販売されていますよね。
ただ百貨店でショッピングをするには、それなりのお金が必要です。
そんな百貨店でのショッピングに役立つのが全国共通百貨店商品券で、百貨店で何かを買いたい時に全国共通百貨店商品券があるととても助かります。

全国共通百貨店商品券を支払いに使うことで支払う現金の負担が減れば、商品を買いやすくなりますよね。
全国共通百貨店商品券を持っていることが、百貨店での買い物をしやすくなります。

特に百貨店をよく利用する方にとっては、非常に嬉しい商品券です。

根強い人気を誇るjcbの商品券

全国各地のjcbギフトカード取扱店で使うことができる商品券と言えば、非常に根強い人気を誇るjcbの商品券です。
よく贈り物としても利用されますから、今まで少なくとも1度くらいは利用した経験があるのではないでしょうか。
jcbの商品券は、それぐらい広く浸透しています。
お中元やお歳暮などでも贈られていますから、とてもポピュラーな商品券です。

jcbの商品券は、1,000円と5,000円の2つの額面があります。
またさまざまなシーンで使えるのが魅力で、ショッピングはもちろんのこと飲食店での利用や宿泊施設を利用した際の支払いにも利用可能です。
使い道が幅広ければ幅広いほど現金とほぼ同じ効力になりますから、利用する側にとってはありがたいですよね。

jcbの商品券はとても価値があります。

商品券を使えるお店は事前に確認しておく

全国共通百貨店商品券やjcbの商品券などは非常に幅広く使える商品券ですが、それでも全ての支払いに使えるわけではありません。
使えるお店は限られていますので、どこなら使えるのか事前に確認しておく必要があります。
先入観で使えると思っていたのに実際は使えなかったというのはガッカリですから、どこなら使えるのかを下調べしておくことは大事です。

使えるお店を調べる方法は、主に2通りあります。
商品券をもらった時に使えるお店のパンフレットがついている場合は、パンフレットで確認できます。

もしも手元にパンフレットがない場合は、それぞれの商品券の発行元のサイトにアクセスして使えるお店を確認しましょう。
どちらの方法でも、商品券を使えるお店を確認できます。
ですので「商品券を使って買い物をしたい」「商品券を支払いに使いたい」と考えている場合は、使えるお店の確認を忘れないようにしましょう。

全国共通百貨店商品券やjcbの商品券などは贈り物などでよく選ばれますから、もらう機会は思いのほか少なくありません。
商品券はショッピングをはじめとしたさまざまな支払いで役立ちますので、あればとてもありがたいですよね。

ただ商品券はすべての支払いに使えるわけではありませんから、手に入れた時や実際に使おうと考えている時はまず使えるお店を確認しましょう。
商品券を有効活用すれば、支払いの際にとてもお得です。